MENU

中古車の下取りより買取り査定の方が得な理由

中古車の買い替えは数年置きにサイクルがほぼ決まっている人がほとんどでしょう。
中にはお金が無いので乗りつぶすという人もいるかもしれません。
それでも常に新車を購入するというサイクルを守っている人は乗りつぶすよりも数年置きに買い替えるほうが得な場合が多いのです。それに車の性能は日進月歩ですから、常に新車に乗るというほうが精神衛生上においても得策といってもいいでしょう。
そして買い替え時ですが、多くの人は下取りをしてもらってその販売店で車を購入することでしょう。
少しでも高い値段で中古車の買取り査定をしてもらいたいのであれば、下取りよりも買取り専門店での買取り査定のほうが高い値段がつきやすいのです。
中古車を売却するところと、購入するところが別になってしまい、手間を感じる人も多いと思いますが、値段を考えた場合は買取りから新車購入のほうがはるかにお得なのです。
これは下取りよりも買取りのほうが高査定になるからなのですが、買取りの専門業者はあらゆる販売ルートを持っているので、自分が損をしないところで高価格査定ができるのです。
それでも下取りのほうが得なのでは?と思う人もいるかもしれません。
そういった場合は新車を購入した時点で、トータルでお金がいくらかかったかを比較しなければわからないのですが、同程度の中古車で同程度の新車を購入した場合であれば、買取りのほうが明らかに手元の残るお金が多くなるという調査結果も出ているのです。
時に次の車の購入先に下取りに出すか、購入先とは無関係に買取りの専門業者に売却するのかという選択ですが、売却額としては買取りのほうが高い場合が多いです。
フィットを売る時に是非参考にしてみて下さい。

このページの先頭へ