MENU

フィットの査定はフルモデルチェンジ前にするのが鉄則です

中古車の買取り査定をするのであれば、出来るだけ早いほうがいいのは間違いありません。
それは、中古車の価値が日々落ちているからなのですが、査定のタイミングというものがあるのです。
何事も早い方が良いのは間違いのないところなのですが、一番の要因というのは車のフルモデルチェンジです。
車はメーカーの開発努力によって日々性能の向上が見込まれます。その成果を車のモデルチェンジとして開発の成果を車に還元しているのです。
そうなるとモデルチェンジ前の車の価値は暴落してしまいます。
メーカー側もモデルチェンジの発表時期を直前までひた隠しにする傾向がありますが、これはいたずらに中古車価格の暴落を押さえるの狙いもあるのです。
車の価値は日々下がってしまいますが、年度が変わってしまうと人間と同じように1つ歳を取ってしまいますから、査定価格というものはぐっと落ちてしまいます。
さらにそれ以上に査定価格に影響を与えるのがモデルチェンジなのです。
特にフルモデルチェンジとなると車の形状が違ってきて、まったく別の車となることが多いのです。
もっともあまりにも奇抜に変わってしまうと、現行車のほうがいいということになって、逆に査定額の向上が見込まれるかもしれません。もっともそれも一時的なことです。
一番いいタイミングはモデルチェンジ前なのですが、なかなか推し量ることができませんので、そうなるとやはり出来るだけ早く買取り査定に出すという、基本的なことになってしまうのです。

このページの先頭へ